尊い命を守ります。
足場の安全 家族の安心

他の産業に比べ死傷災害の発生が多い建設業は"危険な職場"というイメージがあります。未来を担う若い世代の方が魅力を感じる建設業界とするには、まずこのイメージを払拭しなければなりません。それには当然、事故を撲滅する必要があります。 足場をはじめ仮設材を扱う事業者が集まったACCESS(全国仮設安全事業協同組合)では、仮設に起因する災害をゼロにして建設業界全体の明るい未来のために日々活動をしています。

→

安全な足場環境の確保には、安全な足場機材を使用し、安全な工法で組立・解体することが不可欠です(ハード面の施策)。また、出荷時等で整備・検収された安全な足場機材によって、機材ごとの正しい組立・解体手順および設置方法となっているかを、十分な知識と経験を持つプロによって確認する安全点検が必要です(ソフト面の施策)。墜落・転落災害を防ぐには、ハード面ソフト面の両面からの施策が重要なのです。

足場の安全点検は労働安全衛生規則に基づき、事業者、注文者に義務づけられています。厚生労働省の通知及び国土交通省の重点対策で「十分な知識・経験を有する者」として足場点検の適格者であることが公式に認められている「仮設安全監理者」による足場安全点検は、足場の種類・機材別のチェックリストに基づき、当該足場を組み立てた者以外の第三者の目線で細部にわたって点検を行い、足場に起因する事故を防止しています。

足場安全点検の実施適格者(注)である「仮設安全監理者」が行う足場の安全点検は、足場の種類・機材に応じた専用のチェックリスト(全国仮設安全事業協同組合が認証したもの)を使用した詳細な点検で、皆さんの現場での足場の安全確保に最適と考えます。

注)厚生労働省労働基準局安全衛生部長通達(2012(平成24)年2月9日付 基安発0209第1号)において点検実施者は「足場の点検について、十分な知識・経験を有する者」であることとされており、「仮設安全監理者」がこれに該当することを厚生労働省は表明しています。

JKK東京
その他

ACCESSについて

組織のご案内。全国仮設安全事業協同組合(ACCESS)の活動内容や組合員・賛助会員の情報はこちらです。

View more

建設労働災害の実情

足場からの墜落・転落災害の発生状況から危険性を分析。海外との比較からみる日本の足場安全対策の現状。

View more

厚生労働省委託事業
足場からの墜落・転落防止対策
オンライン研修会

誰でも参加できる「より安全な足場」に関する無料のオンライン研修会です。

View more

ACCESS Biz セミナー

公共ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修を開催しています。

View more

工事成績評定

公共工事では専門知識を有する者による足場安全点検を工事成績評定の判断材料としています。

View more

資料ダウンロード

広報誌・パンフレット・リーフレット・ACCESS新聞や動画資料をご覧いただけます。

View more

NEWS


お知らせ
2024(令和6)年6月14日
WEBサイトのメンテナンスのお知らせ

お知らせ
2024(令和6)年5月29日
足場からの墜落・転落防止対策オンライン研修会特設サイト(2024年度版)を開設

お知らせ
2024(令和6)年5月22日
5/22通常総会開催のため事務局は終日不在となります

お知らせ
2024(令和6)年4月1日
東北支部の事務所移転について

お知らせ
2024(令和6)年1月31日
UR都市機構の安全点検料改定のお知らせ

組合員向け様式のダウンロード

特別教育の実施に関する様式

「手すり先行工法に関する実態調査」用様式(強化月間でご利用下さい )

厚生労働省委託事業「2024(令和6)年度墜落・転落災害等防止対策推進事業(建設業)」に係る様式ダウンロード

<経理に関わる項目>

<調査・診断実施者に関わる項目>

<調査・指導実施者に関わる項目>

関連サイト
ACCESS公式SNSアカウント
ACCESS公式
SNSアカウント