• ホーム
  • 組合に参加してみませんか

組合加入のご案内

写真

貴社の安全への取り組みに 組合ブランドを利用してみませんか?
アクセス(本組合)は、設立以来、仮設に起因する労働災害の撲滅を目指し、組合員各社が一丸となって全国各地で安全活動や業界の地位向上に努めており、国や地方自治体をはじめ建設業界全体から、その活動に関して高い評価を頂いています。
ご加入いただき、当組合の活動にご参加いただく事で、「安全・安心」に配慮した企業であることとして、貴社の事業活動における優位性やステータスの向上にもお役立ていただけます。
皆様のご加入をお待ちしております。

加入のメリットは? 1社だけでは出来ない。みんなが団結する組合だからこそ出来る!!

メリットその1 貴社の悩みを解決!

情報交換の場

アクセスでは、全国9ブロックの支部及び47都道府県に各支所を配置し、他の組合員との交流も活発に行えるような仕組みづくりをしています。各地区の組合員との交流を深めることで貴社の問題解決や、幅広い情報も得ることができます。

機材の調達

急に必要になった機材、また保有していない機材などの手配にお困りの場合でも、共同斡旋事業による組合員間でのお取引により円滑な機材調達が可能です。

メリットその2 最新情報が手に入る!

情報をいち早く入手

関係省庁からの最新情報を収集できるアクセスでは、国や地方自治体などの施策や、業界の動向などの情報、またその対応方法など、貴社の事業戦略に役立つ情報をいち早く提供します。

メリットその3 アクセス組合員だけが出来る!他社との差別化!

組合認証チェックリスト

自社でお持ちの足場機材の専用のチェックリスト(点検表)はお持ちですか?アクセスに加入することにより、組合認証のチェックリスト(点検表)を作ることが可能です。

経年管理の徹底

「仮設整備・検収安全監理者印」の納品書等への押印や、組合シールを機材へ貼付して、経年管理を実施している事をPR。

メリットその4 貴社並びに取扱い機材のPR

活動内容を専門誌でPR

アクセスでは独自に専門誌のプレス会を持っていますので、貴社の活動内容のPRの場としてご活用いただけます。

機材展示会への参加

各種イベントや、全国各地で行っている発注者や建設事業者が集まる研修会などへの機材出展が行えますので、PRの機会としてご活用いただけます。

メリットその5 貴社の安全活動に対する社会的評価を向上!

仮設安全監理者になって安全点検を

足場安全点検の適格者(※)である「仮設安全監理者」の資格を取得することができます。なお、資格取得講習会受講の際の費用については、組合員特別価格となります。

(※)厚生労働省が「足場の点検について十分な知識・経験を有する者」の適格者であると表明されました。

さらに、仮設安全監理者による足場の安全点検には、賠償責任保険(点検の瑕疵が原因で第三者に与えた対人・対物損害の賠償責任をてん補する保険。
限度額:対人対物共通一人1億円/一事故5億円)と傷害保険(点検が原因で点検者自身が死亡し、又は重度の後遺障害を負った場合の保険。限度額:500万円)が付保されています。

「組合認証チェックリスト」と「足場安全点検履歴の証」安全点検には「組合認証チェックリスト」と「足場安全点検履歴の証」の看板を

安全点検を行う際には、既に組合で認証されているチェックリストを使用(※)できます。現在では80種類以上の機材に対応したチェックリストを取り揃えております。
また、点検を終了した際には、労働安全衛生規則等に沿った点検を行った証として、「足場安全点検履歴の証」の看板を掲げることが出来ます。

「組合認証チェックリスト」や「足場安全点検履歴の証」に関する詳細はこちら
※仮設安全監理者の資格をお持ちの方に限ります。

仮設安全監理者センター仮設安全監理者センターの活用

仮設安全監理者センターへ貴社の情報を掲載(※)することにより、全国各地の建設現場(公共工事及び民間工事)から、仮設安全監理者(プロ)による足場の安全点検の実施要請に対応することが出来ます。

仮設安全監理者センターに関する詳細はこちら

メリットその6 知識と経験の向上!

講習会や研修会への参加

規則等の改正や、国の通達等、事業活動を進める上で、知っておかなくてはならない知識を習得してもらうため、各地で講習会や研修会を開催しています。

メリットその7 これからの発展を感じさせる!

業界の地位向上に

全国の組合員と力を合わせることにより、行政に対し働きかけ、仮設業界を明るい未来のある産業にすることが出来ます。
これにより組合員企業並びに業界の社会的地位向上も図れます。現在、日本標準産業分類で業種独立を目指した活動も行っております。

人と人との繋がりを

アクセスが開催するイベントには、社会的影響力を持つ方が多数ご参加されますので、有意義な情報交換の場としてご活用いただけます。

加入にあたっての要件

貴社の業種や事業規模に応じて、組合員、賛助会員一種、賛助会員二種(仮設安全監理者会員含む)に区分けされます。

加入にあたっての要件
定款(抜粋)

第8条 本組合の組合員たる資格を有する者は、次の各号の要件を備える小規模の事業者とする。
(1)仮設事業に係る製造、販売(含むリース・レンタル)、仮設工事施工及び仮設に係る安全コンサルタントを行う事業者であること。
(2)組合の地区内に事業場を有すること。


(加 入)
第9条 組合員たる資格を有する者は、本組合の承諾を得て、組合に加入することができる。
2 本組合は、加入の申込みがあったときは、理事会においてその諾否を決する。


(加入者の出資払込み)
第10条 前条第1項の承諾を得た者は、遅滞なく、その引き受けようとする出資の全額の払込みをしなければならない。ただし、持分の全部又は一部を承継することによる場合は、この限りではない。


(経費の賦課)
第16条 本組合は、その行う事業の費用(使用料又は手数料をもって充てるべきものを除く。)に充てるため、組合員に経費を賦課することができる。
2 前項の経費の額、その徴収の時期及び方法その他必要な事項は、総会において定める。


「第4章 出資及び持分」より
(出資1口の金額)

第20条 出資1口の金額は、5万円とする。

定款(抜粋)

「第7章 賛助会員」より
(賛助会員)

第53条 本組合は、本組合の趣旨に賛同し、本組合の事業の円滑な実施に協力しようとする者を賛助会員とすることができる。ただし、賛助会員は、本組合において、法に定める組合員には該当しないものとする。
2 賛助会員について必要な事項は、規約で定める。


賛助会員規約(抜粋)
(資 格)
第2条 賛助会員の資格を有する者は、本組合の趣旨に賛同し、本組合の事業の円滑な実施に協力しようとする者とする。


(賛助会員の種別)
第3条 賛助会員を一種会員及び二種会員に区分する。
2 一種会員は、定款第8条第1号に掲げる事業者のうち、小規模の事業者以外の者(二種会員の資格を有する者を除く。)とし、二種会員は、一般土木建築工事業、船舶製造・修理業その他の仮設を用いて事業を行う者その他本組合の事業の円滑な実施に協力しようとする者とする。


(加 入)
第5条 賛助会員たる資格を有する者は、本組合の承諾を得て、加入するものとする。
2 前項の諾否は、理事会において決する。
3 賛助会員として加入しようとする者は、入会金として一種会員は250,000円、二種会員は50,000円を納付するものとする。


(会 費)
第6条 賛助会員は、年会費を納入するものとする。
2 会費の額は、一種会員は1口120,000円、二種会員は1口30,000円とし、1口以上を負担するものとし、別に定める基準により、本組合と協議の上決定するものとする。

※小規模事業者の範囲(中小企業等協同組合法第7条の規定に基づく)

  仮設に係る製造
仮設工事施行を行う事業者
仮設に係る製造(含むリース・レンタル)
仮設に係る安全コンサルタントを行う事業者
資本金額 3億円以下 5千万円以下
常用従業員数 3百人以下 百人以下

資本金額基準と常用従業員数基準どちらか一方が該当すれば要件を満たせます。

加入手続き

組合員及び賛助会員(仮設安全監理者会員含む)の加入については以下の流れになります。
詳しくは、本部またはお近くの支部にお問い合わせください。

組合員の場合の流れ

  • 加入書類につきましては本部またはお近くの支部よりお取り寄せください。

賛助会員(仮設安全監理者会員を含む)の場合の流れ

賛助会員(仮設安全監理者会員含む)

  • 加入書類につきましては本部またはお近くの支部よりお取り寄せください。

pagetop

仮設安全監理者センター