資料ダウンロード

動画一覧

  • メニューに戻る
  1  

足場からの墜落災害の恐ろしさ

足場からの墜落災害の恐ろしさを公開検証実験等の映像でご覧ください。

手すり先行工法 働きやすい安心感のある足場

手すり先行工法とは、足場の組立・解体時において常に手すりがあ る状態で作業を行えるため、墜落を防止できる工法です。また、働 きやすい安心感のある足場とは、足場の全層に二段手すりと幅木を 設置するため、足場使用者の墜落を防止できるとともに、心理面の 緊張状態を緩和する効果が期待できる足場です。

有資格者の第三者によるチェックリストを用いた安全点検

思い込みなどによる人的ミスを解消するため、本設と同様に仮設機材においても、現場監督者または機材を組み立てた当事者とは別の第三者による客観的な安全点検が有効です

足場からの墜落・転落防止措置(検証実験記録)

建設労働災害は年々減少傾向にあるものの、毎年、全産業の約35%を、また建設業労働 災害の種類別で見ると、墜落・転落が約40%を占めています。その中でも最多い発生箇 所は、「足場」です。「足場からの墜落」をさらに分析すると、「足場の組立・解体中」 が約30%、「足場上での作業中」が約60%を占めています。つまり、「足場からの墜 落」を撲滅させることで、建設労働災害も大幅に減少することが可能なのです

手すり先行工法 組立・解体手順

手すり先行工法 組立・解体手順。

  1  

pagetop

仮設安全監理者センター